人間は誰しも問題や悩みを抱えているもの。そんな悩みを誰に相談しますか?電話占い・電話鑑定で相談してみませんか。

電話占いの需要拡大

ものすごい勢いでファンを獲得していったサービスである電話占いは、現在も勢いを弱めるどころか、益々勢いを増して多くのユーザーを取り込んでいます。


これまで占いの館などで受けていた占いや鑑定のサービスが、電話で受けられるとあって、非常に便利なサービスではありますが、どうしてここまで多くのユーザーを獲得するようになったのでしょうか。


そもそも電話占いのサービスの提供が開始され始めたのは、いつ頃のことなのでしょうか。

電話占いの歴史を探ってみますと、意外なことが分かってきました。


電話占いは、1991年にダイヤルQ2で提供が開始された「占いダイヤル」が始まりだと言われております。

今から20年以上も前に、既にこのサービスの原型が完成し、提供されていたのです。

その後、1992年にはコレクトコールによる『電話占い』の提供が開始されたのです。


近年、特に多くの需要を生み出しているこのサービスですが、そもそもこのサービスへの認知度が低かったのではないかと思うのです。

要するに、最近になって人気が出たというよりも、ようやく認知され始めたということではないでしょうか。



認知度が上がった背景には、インターネットの普及があったと思います。

インターネットが普及するまでは、あるサービスの存在をオープンにするために、新聞や雑誌への広告の掲載が必要でした。

しかしそれには莫大な広告費用がかかってしまいます。

電話占いは、まだまだ需要の少ないサービスでしたから、その投資をしなかったのでしょう。


反対に、インターネットは自社のホームページを作って宣伝をすることで、これまでに広告費としてかかっていた費用よりも、はるかに安価で宣伝をすることが出来ます。


現在、電話占いを提供する多くの会社があり、それぞれがたくさんの宣伝活動をしています。

その成果が、需要拡大という形で結果をもたらしているのではないでしょうか。


いずれにしても、多くのユーザーに認められたサービスということは間違いないでしょう。